一戸建てを所有するとかかる維持費

一戸建ては購入するとさまざまな維持費がかかります。

ローンの支払いだけに目が行きがちですが、その他の出費も必ず計算に入れ、生活を圧迫する事のないように気をつけることが重要です。



維持費として重要なのが住宅の修繕に関する費用です。

新築からしばらくはそれほど必要はないですが、10年を過ぎるとさまざまな箇所に劣化が生じ修繕が必要となってきます。

特に外壁や屋根の修繕に関しては多くの費用がかかりますので、あらかじめ積み立てておくなどの工夫が必要です。

分譲マンションの場合は必ず修繕積立金を支払うのですが、一戸建ての場合はその費用を自分で用意することとなります。


また、換気扇や照明、建具や室内の壁など、こまめにメンテナンスを行う必要もあります。
傷がひどくなる前に清掃や補修を行うことで、後にかかるコストを軽減することができます。


また、一戸建てを所有していると毎年かかるのが固定資産税です。

固定資産税は土地と建物の両方に課せられます。

日本経済新聞情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

新築の場合は条件によって数年間の軽減措置はありますが、年に一度の大きな出費となりますので納付書が来てから慌てる事のないように、準備しておくことが必要です。

一般的な住宅の場合は年額で10万円から20万円程度ですので、ひと月あたり1万円から2万円程度を固定資産税用として積み立てておくのがベストです。なお、マンションと比較すると断熱性や広さの関係上光熱費も割高となるケースも多いものです。



マンション住まいの時の2割増し程度を想定しておくのが良いでしょう。

維持費はそれなりにかかるものの、一戸建てではマンションでは得られにくい開放的暮らしよさがあります。
しっかりと維持費を想定して、快適な一戸建て生活を楽しみましょう。

Copyright (C) 2016 一戸建てを所有するとかかる維持費 All Rights Reserved.