新築一戸建てを購入する際の費用は

新築一戸建てを購入する場合、どのような項目にどれほど費用がかかるかを知っておく必要があります。

購入を決めた直後から数百万円以上の費用をすぐに支払う必要があるため、額を知ってきちんと準備しておくことが大切です。

まず、申し込みを行う際に必要となる費用として申込証拠金があります。
約2万円から10万円と設定されていることが多いですが、中には必要ない物件もあります。

申込金とは別に、手付金として購入価格の5%から10%程度も必要となります。

よく利用されているGirls Channelの情報を確認できるサイトです。

例えば3000万円の新築一戸建てだった場合、150万円から300万円ほどになります。

この際、1万円の印紙税も一緒に収めるケースが多いので注意しましょう。また、物件や不動産会社によっては仲介手数料として物件価格の数%を請求されることもあります。



新築一戸建てをローンを組んで購入した場合は、別途印紙税が2万円ほどかかります。
キャッシュで購入する場合は、物件引き渡し時に購入価格から手付金などを引いた残金や、諸費用などを支払います。諸費用は、約6%から10%ほどかかると見込んでおきましょう。さらに、購入後も不動産取得税を1年以内に支払うケースもあります。

この他、毎年固定資産税として土地と建物に課税される額を支払うことになります。


このように、一戸建てを購入すると単に物件価格だけでなく様々な諸費用が必要となります。



ローンを組む場合でも、数百万円は用意しておくことになるので計画だてて準備するようにしましょう。

Copyright (C) 2016 新築一戸建てを購入する際の費用は All Rights Reserved.